誘導できるようになる

She is wearing black pants

まずは京都の女性をどうやってその気にさせていくのかをしっかり考えていく必要があります。特にテレクラというのは相手の顔が見えずに声と声でのコミュニケーションとなるので、どれだけ相手の心を誘導できるのかで勝敗が左右されていくでしょう。声での会話になるので、あなたの喋ること次第でいくらでも誘導はできます。では、どんな風にテレクラで会話を進めていくのが良いと言えるのか?一つの手段としてはやはり相手のいうことに対してオウム返しをし、その後に簡単な質問を付け加えるという方法です。これにより相手は自分の話している内容をしっかりと聞いてくれているという風に認識してくれるようになります。こんな簡単なことでも全然会話って盛り上げることができるようになるんですよね。どんな京都の女性が相手でも使えると思います。そしてあとはどうやってテレクラで自分の持って行きたい方向に話の流れを作っていくのかというと、やはりフットインザドアというテクニックが使えるでしょう。これは小さなことを相手に頼むことにより、どんどん次の要求を飲み込ませやすくするという作戦になります。例えば相手に対して「今度またテレクラで話そうよ」と言うと、既にある程度仲良くなっていたら必ずOKサインをもらえるかと思います。そこから様々な要求を相手に指示していくわけです。そして最終的には、「今度京都で有名な所でデートしよう」という風に本来飲み込んでほしい頼みごとをします。すると今までに何度も要求を飲んできた京都の女性なら簡単にOKサインを出してくれるようになるわけです。